趣味の総合サイト ホビダス
 

ライジングの放課後

|

ライジングスタッフの私生活、趣味などカーライフを中心にを赤裸々に紹介します。

Audio system

10月 6th, 2016

一年半放置。

こちらのブログは終了かと考えていたのですが、

いつものランクルネタが出来たので何となくアップしました。

今回は・・・

純正オーディオが酷いのは判っていたので納車時に既にオーディオシステムを考え、

スピーカー、アンプ、チューンアップウーファーを早々に手配。

合間で作業をしようと思っていましたが長い月日が経過し、

酷いオーディオにもすっかり慣れ、気にならなくなっていました。

折角、こんなオーディオプランを用意していたのに

デモ車製作が遅れ、

納車から一年半も経つと、さすがに再販ランドクルーザー70ブームは終わり。

いつも通り、またまた乗り遅れました。

 

しかしながら仕事には繋がらないかもしれませんが、

仕事の予約が少し落ち着いてきたし、部品も揃っているので、

わが社のランクル様のオーディオシステムをアップグレードです。

 

システムはフロント3way+サブウーファー。

フロントスピーカーはaudison primaシリーズのAPK163とお手軽なものを選択。

サブウーファーはサイズ重視でKICKER HS8

これらをデジタルシグナルプロセッサー内蔵のアンプ、

audison prima AP8.9bitで駆動&管理します。

実はこのスピーカーやアンプは他のお客様のクルマに既に装着したことがあるので、

実力は確認済みの為、不安はありません。

取付けもほぼストック状態で取付け、クルマ側の大幅な加工などなく、

いつでも元に戻せるように取付けていきます。

ツイーターは付属のマウントを使い、方向を調整しながら

ピラーのトリムに固定。いわゆる『ポン付』。

ミッドレンジも純正スピーカーが付いている位置に『ポン付』。

後ろ側を吸音材などを入れ、少し気づかいをしてやりました。

ハイラックスサーフなどもそうでしたが少し下向きなのが気に入りませんね。

 

そして中々、スタートが切れなかったのはこれが原因。

ミッドバス用スピーカーをドアに・・・

純正はドアスピーカーが無いのでドアを加工しなければなりません。

ラッキーなことにドアトリムを外してみると前方下側に

スピーカーが取り付けられそうなサービスホールが有ります。

少し小さい気もしますが、ここに取付けるようにドアトリムをカット。


こちらにピッタリ収まるようにドアトリムを作ります。

クリアランスの問題と重さを考え最低限の厚さのボードで作らないといけません。

ドア側もしっかりインナー・アウターパネルをデットニング。

しっかり鳴らせるように準備です。

残念ながら取り忘れの為、途中の写真は有りませんが、

ドアポケットも移動し、なるべく純正風に仕上げました。

続いて、サブウーファー。

本来はしっかりとBOXを作って12inch程度のサブウーファーを入れたかったのですが、

生憎ピックアップですと置く場所がありません。

はじめはフロアパネルを切ってボディ下にBOXを作ろうと考えいましたが、

反対意見多数のの為、中止。

チューンアップウーファーで対応することにしました。

キッカーHS8はこれまで沢山のクルマに取付け、

小さい割には良く鳴るので助手席下にでも入れれば良いと思っていましたが・・・

他のお客様のランクル79に取り付けたとき、見事に入りませんでした。

その時もこちらに設置。

リアシートの下です。

ギリギリ当たらず入るのですが、シートとのクリアランスが少ない為、

リアシートに座った人のお尻がムズムズしちゃいますね。

その時はサブウーファーをOFFして対応しましょう。

スピーカーなどの取付けが終わると次はアンプです。

非常に小さいのでランクル70のシート下でも余裕に入ります。

こちらの8chのアンプの1ch、2chをツイーター、3ch、4chをミッドレンジ、

5ch、6ch、7ch、8chをミッドバスにブリッジ接続でマルチで振り分けました。

パソコンと接続し、専用ソフトにて各スピーカーのカットオフ周波数、

タイムディレイなど一通りざっとセットし、視聴。

当然ながら格段に向上。

しかし、まだまだ詰めるところは沢山ありますが、ひとまず完成。

この先はいつもの合間を見て・・・

 

 

 

 

 

 

Wheels&Tires

4月 24th, 2015

つくばみらい市のW様、遅くなりました。

うちのランドクルーザー79のホイールとタイヤの交換が

チョット前終了しましたのでご報告です。

交換したホイールは再販ランドクルーザーのバンGRJ76Kの純正ホイールで

お客さまに無理を言って譲ってもらったものを

これまた無理を言って知り合いの鈑金工場で塗装をして貰いました。

タイヤは最後まで悩みましたが、見た目重視でMTタイヤを選択。

Goodyear Wrangler MT/R with kevlerのLT235/85R-16を入れました。

 

こうやって見ると、無難に装着されているような感じですが、

机上の計算通りきっちり1インチほど“はみタイ”です。

フロント

リア

上から見ると

完全アウトです。

但し、走っているとそれほど違和感が有りませんし、

見た目も慣れちゃったので暫くはこのままで行く予定です。

問題は初回点検と無料6カ月点検ですね。

 

 

Car Alarm

4月 1st, 2015

うちに来るランドクルーザー70のお客さまには

「結構盗まれやすいクルマだから、盗難防止は絶対必要ですよ」と訴えて

何かしらのセキュリティシステムを取付させてもらってます。

それなのにうちのランクル79はと言うと、中々そのような時間が無く、置き去りになっている状況。

しかし、本当に盗まれたらシャレにならないし、あまりにも格好悪過ぎ。

重い腰を上げ、定休日に取付けました。

 

 

選択した機種はVIPER 5706V。

寒い冬や暑い夏に便利なリモートエンジンスターター付き。

再販されたランドクルーザー70はM/Tのみですので、

通常のリモートスターターは安全性重視の為、取付け出来ません。

しかし、バイパーは“M/Tモード”なるものがが有るので、

この儀式を行えば誤ってギアが入っていたりすることは無いので、安全に便利が手に入れられます。

 

 

再販ランクル70の不便な所その一、

全席パーワーウインドウのところは良いのですが、

今時、オートでは無いのです。

運転席のところの窓は“AUTO”と書いてありますが、ダウンのみです。

 

納車間の無い雨の日に、高速道路で出掛けたのですが、

ETC車載器を付ける前だったので、“一般”ゲートを通り、通行券を取って発進。

雨が降っているので右手は慌ててパワーウインドウスイッチへ。

ローギアードの為、エンジンは拭け切り、左手はギアチェンジ。

ハンドルは膝。

それじゃ危ないですよね。

 

 

パワーウインドウスイッチをワンタッチで上がって欲しいものです。

ランクル70オーナーの間ではカリーナのスイッチが合うとか

再販じゃないランクルのスイッチが合うとか色々とネタが有る様ですが、

うちは“VIPER PRO SHOP”という立場なので、

『530T ウインドウコントローラー』なるオプションを取付け、

パワーウインドウをUP&DOWNともに“AUTO”にしたかったわけです。

回路的に運転席と助手席もコントロールできますので、大変便利です。

しかも、万が一窓を閉め忘れて、エンジンを切ってしまっても、

バイパーのリモコンでロックすると同時に空いている窓も閉めることが出来ますし、

炎天下に駐車した時など換気目的で窓をリモコンで開けたりも出来ます。

 

 

そしてもう一つはコレ。

『103Tキーパットイモビライザーシステム』です。

これはリモコンを使わずにこのボタンで暗証番号を押すことにより、

バイパーを作動させたり、解除したり出来るもので、

水浴びなどに出掛ける時にリモコンは持って入れないのでこれは非常に役立ちます。

 

これで安心して、海へ山へ出かけられます。

 

あとはお客さまに催促されているスピーカーとアンプの取付けが控えてますが、

GW開けかな~。

続く・・・

 

 

 

 

CAMERA SYSTEM

3月 24th, 2015

カーナビやアンプ、スピーカーなど続々届いて来るが

中々、前に進まないランクル79。

当然、お客様のクルマ優先なので仕方ありません。

そこで、時間的に少し余裕のあるサンガードの大野に

コーティングとカーナビ、カメラの取付けを依頼。

一週間経って戻ってまいりました。

 

カーナビゲーションの機種は最後まで悩みました。

条件的には「カメラの入力が3つあること」です。

その中で、オーディオもある程度お客様に提案できるように

仕上げる予定なので音も良くないといけないので

第一候補 DIATONE SOUND NAVI 『NR-MZ90PREMI』。

音が良いのは勿論、クロスオーバーやタイムアライメントなど

細かなセッティングが出来るDSP付きで

色々なオーディオメーカーさんやショップさんが使用しています。

第二候補 ALPINE 『700W』。

こちらも3つのカメラ入力があり、しかもリーズナブル。

しかし、音が・・・

 

 

悩んだ挙句、第二候補のALPINE 700Wに決定。

音の方はカーナビゲーションが安く上がるので、

これにプラスして、audison のプロセッサー付きアンプ『AP8.9bit』で対応します。

このシステムなら既にカーナビが付いている車両にも

提案できるので、仕事に繋がるかと。

 

そして、取付け。

まずはバックカメラ。

目立っちゃ嫌だし、映らなければ困るし、

 

 

で、こんな感じになりました。

モニターで見ると。

 

パノラマビュー

 

コーナービュー

 

トップビュー

 

通常のバックビュー

まあ、リアカメラはどうでも良いですね。

 

続いてサイドビューカメラ。

 

 

ドアミラーに穴を開け、埋め込みました。

それほど目立たなく、良い感じです。

モニターで見ると

 

 

これは運転席からの死角も良く映っていて便利です。

 

 

フロントカメラはウインチカバーの下に取付け。

チョット目立ってしまっているので考えものですが・・・

今の段階では良しとしましょう。

 

フロントパノラマビュー

 

フロントコーナービュー

脇道から出るとき便利です。

 

トップビュー

何を見るのでしょう?

 

 

フロントカメラとサイドカメラを取付けたことでこれが外せます。

 

スピーカーアンプは追々ですが、とりあえず音楽も聞けるようになったので

乗る機会も増えるでしょう。

 

 

HDMIとUSBのポートも出しておいたので、

iphoneを繋いでYoutubeなども見られますね。

 

続く・・・

 

 

 

 

Lettering

3月 11th, 2015

次なる秘密基地、『SPLASH』さんへ預け1週間。

出来上がって、しかも納車までしていただきました。

何をしたかと言うと、オーストラリアや南アフリカなどの輸出仕様は

後ろに『TOYOTA』のステッカーが貼ってあります。

当然、輸出仕様のステッカーも売られていますが、

「それを貼るのもね~。」と言うわけです。

作業開始。写真は全てSPLASHさん提供です。

右下にあった『』4WDのステッカーも剥がしてしまったので、追加です。

ゴールドリーフでいっていただきました。

良い感じじゃないですか?

4WDもランクル40のエンブレムを・・・

左に有った『V6』のエンブレムも外して・・・

こんな感じです。

これでエンブレムの周りに水垢が溜まることは有りませんね。

さあ、いよいよ戻ってきましたので作業をしなければなりませんが、

まだちょっと忙しいので、サンガード店の大野にまずはコーティングをして貰いましょう。

続きます・・・

 

LINE-X

3月 3rd, 2015

使い道など全く考えずにノリで購入した

ランドクルーザー70ピックアップ。

ましてやその高くて大きくもない荷台に

何が積めるのか、何を積むのかイメージすら出来ない状況。

但し、いくら荷台と言ってもピカピカの新車の荷台に

ワイルドに色々なものを積んで傷だらけとなるのも忍びない。

何か荷台の塗装を保護するものは無いのか検索すると、

良くあるベットライナー。

 

 

純正のベットライナーが有る様ですが日本ではオプション設定なし。

輸入するにも南アフリカなので今のところ手だてなし。

(どなたか得意な方がいらしたらご連絡下さい。)

 

そして、もう一つは保護塗装。

以前、Dodgeのピックアップに塗装されていたものを

思い出し検索したところ『LINE-X』という特殊塗料でした。

 

 

そんなことを考えていたところ

荷台などにLINE-Xを塗装したランドクルーザーが入庫。

質感、仕上がりが抜群に良かったので、

少々お値段は張りますが、そのお客様にご紹介いただき施工することにしました。

 

 

施工をお願いしたのは千葉県流山市にある株式会社フジテック様、

工業用の刃物を作られている会社様ですが、

社長さんのクルマ好きが高じて新たに事業展開したようです。

 

 

デモカー&練習・研究用のこんなDodge vanが有りました。

外装だけでなく、内装塗装されています。

色の方は各色調色出来るようです。

 

 

 

見切りなど見事な出来栄え。

仕事柄、神経質な私でも大満足な仕上がりでした。

打ち合わせ段階から、社長さんがとても几帳面な感じで

細かい部分までご説明&確認いただいたので、

この仕上がりはイメージできていましたけどね。

 

 

今回、同時にサイドステップも塗装していただきました。

純正のアルミのままですと、すぐに傷や腐食で汚らしくなってしまいます。

しっかりとしたザラザラな塗装ですので、

短パン履きで足を踏み外すとヤバそうです。

 

 

最近、問い合わせ殺到のようですが、

気になった方は連絡してみて下さい。

そして、ランクル79は別の秘密基地に・・・

続く・・・

Shifter knobs

2月 24th, 2015

肝心なAV系の取付けが出来ないままのランクルトラック。

それでも無理やり前進したい思いが有り、

プチアップグレード。

この色気のないウレタンのシフトノブ。

いただけません。

ランドクルーザー70系の故郷は南方向の

オーストラリアだの南アフリカだの言われておりますが、

何分、勉強不足な為そっち方面の知識がございません。

その為、やっぱり東の方向へ向いてしまいます。

やっぱりShifterといったら『HURST』でしょう。

本当はスティックから交換したいのですが、まずは簡単に手持ちのノブと交換。

ボールノブはトランスファーに決まり。

ピストルグリップか?それとも

Tハンドルか?

とりあえずTハンドルの方が操作しやすいので

しばらくはこのままで

少しは自分のらしくなってきた。かな?

続く・・・

 

Glass tint

2月 21st, 2015

当然ながらお客様の作業優先の為、

作業も走行距離も進まないままのランドクルーザー。

置き場にも困ったのでサンガード店の大野に預けフィルムを貼ってもらう事に・・・

ティントフィルムの色はスタッフみんなが「普通じゃつまらない」と言う事でグリーンを選択。

グリーンの透過率25%を希望したのですが廃番と言う事で、15%に決定。

外から見た感じ。左が貼る前、右側が貼った後。

中から見ると、まあ緑かなと言う感じ。

全体的貼ると・・・

ん~微妙。普通のスモークとあまり変わりませんね。

カラーフィルムは薄目で無いと表現し辛いようです。

ついでなので運転席と助手席のドアガラスにも透明な断熱フィルムを貼ることに。

貼った後でも透過率76%なので合法ですね。

続く・・・


 

ALL in one HID

2月 11th, 2015

少々時間が有ったので、手始めにフォグライトのバルブ交換。

当然、設計の古いランドクルーザー70、ヘッドライトもフォグライトもハロゲン球。

ハロゲン球でも十分明るいのですが、最近の白いディスチャージライトに慣れてしまうと、

少々頼りないように感じてしまいます。

とは言え、フォグライトも真っ白にしてしまうと、霧の日や雪道では

光ってしまい返って見づらくなってしまうのでフォグライトには色温度3000Kのイエローにしてみました。

ノーマルのハロゲン球。白でも黄色でも無いやや赤みの掛かった白。

その昔、シールドビームからハロゲンに換えた時は真っ白でびっくりしたのにね。

今回、交換したHIDキットはフォグライト用に設計された、オールインワンモデルにしました。

左の純正HB4バルブと比べてもかなりコンパクト。

そして、消費電力も純正バルブに合わせてあるのでリレーなどを組まなくても良いので

バルブを外して付けるだけでランクル70の場合、左右で10分程です。

やや白味の掛かった黄色で明るいです。

夜になると・・・

眩し!

車内からは

ヘッドライトはいらない感じ。

チョット前の車には迷惑かもしれませんね。

肝心のヘッドライトの方は思案中。

続く・・・

新入部員

2月 10th, 2015

いや~、一年半ぶりの投稿ですね。

毎日、平平凡凡な生活の為、記事にするような楽しいことはございませんでした。

が、折角ライジングのWEBページにリンクが貼ってあるので

何か発信しないとフッと思い投稿したしだいです。

タイトルの『新入部員』ですが、残念ながらスタッフが入った訳でなく、

新たにクルマがやってきました。

本来はAcarのピックアップトラックがずーっと欲しかったのですが、

『大人のお付き合い』の中で突然、そして思い付きで注文してしまいました。

昨年10月の中旬にオーダーして、一時は4月頃の納車予定でしたが、

増産と言う事で急に早まり昨日、納車となりました。

『トヨタ ランドクルーザー70ピックアップ』

昨年、期間限定で再販された

ランドクルーザー70シリーズのピックアップ 『GRJ79K』

V型6気筒 DOHC 3,955cc ハイオク仕様で231PS 5MT

今のところ当然まっさらな状態なのでこれから少しづつ手を加えていきますよ。

出来るだけその都度更新していきます。

あくまで出来るだけ・・・