趣味の総合サイト ホビダス
 

ライジングの放課後

|

ライジングスタッフの私生活、趣味などカーライフを中心にを赤裸々に紹介します。

Archive for 10月, 2016

Audio system

木曜日, 10月 6th, 2016

一年半放置。

こちらのブログは終了かと考えていたのですが、

いつものランクルネタが出来たので何となくアップしました。

今回は・・・

純正オーディオが酷いのは判っていたので納車時に既にオーディオシステムを考え、

スピーカー、アンプ、チューンアップウーファーを早々に手配。

合間で作業をしようと思っていましたが長い月日が経過し、

酷いオーディオにもすっかり慣れ、気にならなくなっていました。

折角、こんなオーディオプランを用意していたのに

デモ車製作が遅れ、

納車から一年半も経つと、さすがに再販ランドクルーザー70ブームは終わり。

いつも通り、またまた乗り遅れました。

 

しかしながら仕事には繋がらないかもしれませんが、

仕事の予約が少し落ち着いてきたし、部品も揃っているので、

わが社のランクル様のオーディオシステムをアップグレードです。

 

システムはフロント3way+サブウーファー。

フロントスピーカーはaudison primaシリーズのAPK163とお手軽なものを選択。

サブウーファーはサイズ重視でKICKER HS8

これらをデジタルシグナルプロセッサー内蔵のアンプ、

audison prima AP8.9bitで駆動&管理します。

実はこのスピーカーやアンプは他のお客様のクルマに既に装着したことがあるので、

実力は確認済みの為、不安はありません。

取付けもほぼストック状態で取付け、クルマ側の大幅な加工などなく、

いつでも元に戻せるように取付けていきます。

ツイーターは付属のマウントを使い、方向を調整しながら

ピラーのトリムに固定。いわゆる『ポン付』。

ミッドレンジも純正スピーカーが付いている位置に『ポン付』。

後ろ側を吸音材などを入れ、少し気づかいをしてやりました。

ハイラックスサーフなどもそうでしたが少し下向きなのが気に入りませんね。

 

そして中々、スタートが切れなかったのはこれが原因。

ミッドバス用スピーカーをドアに・・・

純正はドアスピーカーが無いのでドアを加工しなければなりません。

ラッキーなことにドアトリムを外してみると前方下側に

スピーカーが取り付けられそうなサービスホールが有ります。

少し小さい気もしますが、ここに取付けるようにドアトリムをカット。


こちらにピッタリ収まるようにドアトリムを作ります。

クリアランスの問題と重さを考え最低限の厚さのボードで作らないといけません。

ドア側もしっかりインナー・アウターパネルをデットニング。

しっかり鳴らせるように準備です。

残念ながら取り忘れの為、途中の写真は有りませんが、

ドアポケットも移動し、なるべく純正風に仕上げました。

続いて、サブウーファー。

本来はしっかりとBOXを作って12inch程度のサブウーファーを入れたかったのですが、

生憎ピックアップですと置く場所がありません。

はじめはフロアパネルを切ってボディ下にBOXを作ろうと考えいましたが、

反対意見多数のの為、中止。

チューンアップウーファーで対応することにしました。

キッカーHS8はこれまで沢山のクルマに取付け、

小さい割には良く鳴るので助手席下にでも入れれば良いと思っていましたが・・・

他のお客様のランクル79に取り付けたとき、見事に入りませんでした。

その時もこちらに設置。

リアシートの下です。

ギリギリ当たらず入るのですが、シートとのクリアランスが少ない為、

リアシートに座った人のお尻がムズムズしちゃいますね。

その時はサブウーファーをOFFして対応しましょう。

スピーカーなどの取付けが終わると次はアンプです。

非常に小さいのでランクル70のシート下でも余裕に入ります。

こちらの8chのアンプの1ch、2chをツイーター、3ch、4chをミッドレンジ、

5ch、6ch、7ch、8chをミッドバスにブリッジ接続でマルチで振り分けました。

パソコンと接続し、専用ソフトにて各スピーカーのカットオフ周波数、

タイムディレイなど一通りざっとセットし、視聴。

当然ながら格段に向上。

しかし、まだまだ詰めるところは沢山ありますが、ひとまず完成。

この先はいつもの合間を見て・・・