趣味の総合サイト ホビダス
 

ライジングの放課後

|

ライジングスタッフの私生活、趣味などカーライフを中心にを赤裸々に紹介します。

Archive for the ‘ベルベディア’ Category

5馬力UP

水曜日, 4月 11th, 2012

VANAGONのことはもう忘れることとして、

RACEシーズンに入る前に

BELVEDEREもそろそろ準備をしなければ・・・

ストローカーを組もうか?

アルミヘッドにするか?

しかし、2台の車検も迫っているし、

そんな予算があるわけもなく、

今年は諸先輩方のアドバイスに基づき、

カップリングファンを外すことにします。

約5馬力はアップするようです。

「外して終了」では良いわけもなく、

『電動ファン』化します。

しかし、電動ファンにすると、

「ただでさえオーバーヒート気味なのに大丈夫なのか?」と

主治医に質問も・・・

「たぶん厳しい」

とのコメント。

そこで噂に聞いていた、『放熱塗装』を今のラジエターに

施すことにしました。

同時に、内部洗浄とフィンの修理もして戴きました。

効果を期待しつつ、

取り付けてみました。

まづはエンジン側も内部洗浄。

「川の底か」

というほどの砂利のような錆が出てきました。

キライな配線作業もし、完成。

そして早速、試乗へ。

始めは市街地で180℉になったとき、

手動でスイッチON。

160℉でOFF。

渋滞中でもコントロール出来てます。

その後、高速道路を2区間やや速めに走り、

降りて最初の信号で200℉。

そこで、自動でON。

見る見る温度が下がります。

放熱塗装の効果か、

電動ファンの効果か、

判りませんが、問題なし。

後の問題はStripでのE.T.のみです。

5馬力UPでどの位短縮できるのでしょうか?

 

 

甘い香り

水曜日, 6月 8th, 2011

昨年秋ごろから、BELVEDEREのエンジンを掛けると、何となく甘いにおい。

クーラントのにおいな訳ですが、垂れるほど漏れていなく・・・

目立って減るでもなく・・・

しかしながら、気になる訳で、

まして、DRAG STRIPで「バーッ」と出ちゃうと大迷惑な訳で、

主治医に見てもらうと、

Headersの下辺りに漏れている跡が有るらしく、

Headers Boltsを入れ直してもらったのですが・・・

まあ、「バーッ」と出ちゃうことは無いらしいが・・・

しかし、チョッといやらしいので、これを入れてみます。

 

主治医もお勧めなので、とりあえず。

折角なので、クーラントも交換してしまいましょう。

毎年、結構錆が出るので、これを入れて

Water Lineを綺麗にして、少しでも冷却効果を高めましょう。

 

 

しかし、汚れています。クーラント。

バケツの下には、沢山の砂利のような錆が出続けます。

 

 

約1時間、水道水を廻し続け、

ようやく綺麗な水になり、掃除終了。

 

 

そして、Coolant&STOP-LEAKを入れておしまい。

はたして、甘い香りを忘れられるでしょうか?

 

No music. No cruise.

火曜日, 5月 24th, 2011

クルーズには必需品の音楽が、

ロールケージを取り付けたことで、無くなってしまいました。

これでは、クルマを走らせても楽しさ半減です。

 

Belvedereが納車されて一番最初に、

ドアにスピーカーを取り付ける予定でしたが、

内側やドアハンドルの都合で思ったように行かず・・・

そして、今回は最初から足元に取り付けることにしましたよ。

 

まずは邪魔になる、ヘッドライトのHi-beamスイッチの移動。

足踏みから

 

 

リレーを使い、手動に交換。

 

 

準備完了。

そして今回、取り付けるスピーカーは

高級スピーカー ソニックデザインの一番安い奴

『TBE-1877Ai』を取り付けます。

 

 

こちらに決めたのは、エンクロージャーの容量など気にせずに、

造れるから簡単だろうと・・・

 

 

まず、運転席の事情(サイドブレーキなど)を優先して角度を決め、

助手席側もなんとなく角度、向きを合わせます。

それからFRPをちまちま貼り付け、硬化待ち。

それから、パテなどで、成形し、体裁を整え、

 

 

ブツブツ塗装をして、取り付けて完成。

って文字にすると直ぐですが2日ほど掛かりました。

集中しすぎで写真撮れず・・・

 

 

少々、不満もありますが、とりあえず・・・

これで、Cruiseも行ける。

まあ、走り出したら聞こえませんがね。

 

 

 

 

 

 

仕上げの工作

日曜日, 5月 8th, 2011

こちらも既に披露済みですが、

ロールケージを装着したことで、リアのパッケージトレイにスピーカーが付けられなくなり、

しかもそこには大きな穴が開いているので、体裁を整えるべくトレイを製作。

まずはダンボールで型取り。

 


ここだけは慎重にそして几帳面にやらないと残念な仕上がりに成ってしまいます。

 


 

ダンボールのテンプレートを材料(今回はハードボードを使用)に転写。

そして、綺麗にカットして、ビニールレザーを貼り付けて

 


 

ハイ、完成。

トータル1時間ぐらいの作業です。

最後に上手く入るかチョッと不安でしたがギリセーフ。

綺麗に成りすぎて、らしくないですね。

 

でもスピーカーが無くなってしまったので、ストリートカーとして失格です。

次の課題へ・・・続く。

 


約束の装備

水曜日, 5月 4th, 2011

 

超久々の書き込みです。

まずは言い訳。

春らしい日も出始めた3月。あんな大変な出来事が起き、ショックで何もする気にならず・・・

お店のホームページをリニューアルするために、パソコンの前ではその作業・・・

ホビブロ リニューアルで中々書けず・・・

現在に至ります。(本当はネタが無かっただけです。)

 

4月17日の『Morning Cruise』で既に披露しましたが、昨年よりオーダーしていましたロールバーを装着しました。

お蔭様で今のところタイムが順調に短縮しているので、ロールバーの装着が義務付けられていました。

 

取付けは勿論、Kennie’sの『サトーロールケージ』が行いました。

機能優先というよりは、ストリートカーなので見た目優先でお願いしました。

フロントシートもベンチシートのままですので、取付けも大変だったでしょう。

 

 

サイドバーの微妙なカーブ「大変良く出来ました!」ってな感じ。

乗り降りもそれ程面倒でなく、ドア・シートともにどこにも干渉無しです。

 

 

トランク部分も「本当は・・・」という意見もありますが、なんせ『ストリートカー』ですから。

グッとやる気モードに成りましたが、今年はしばし我慢。

 

がんばりすぎ。

木曜日, 12月 23rd, 2010

今年最後のレース『もてぎストリートシュートアウト』に行った、帰り道の出来事。
“ツインリンクもてぎ”は埼玉から近いので、シュートアウトのときは自走で行きます。
今回も当然自走。
土曜日だったので渋滞を気にしながら、常磐道上り車線を3,000rpmほどでクルーズ。
案内板には「谷和原~柏間 事故 通行止め」
まじかよ~。と思いながらもクルーズ。
暗くなりライトON。
すると、前方が時々フラッシュを焚いたかのように明るく・・・
それが頻繁に・・・
ANPメーターも振り切り・・・
まじかよ~。
ボルテージレギュレーターがお休みで、ダイナモががんばりすぎているようです。
「お前、レギュレーター仕事しろ!」
運が良いのか?悪いのか?通行止めが功を奏し、矢田部から下道へ。
その後も高速走ったり、下道走ったりしながら無事帰宅することが出来ました。
そんでもって、そのままほっと置けないのでお休みの方をメンバーチェンジします。

レギュレーター

Kennie’sから新人をゲットしてきてお休みの人にはやめてもらいました。
新人は思ったより給料が高かったです。

レギュレーター

アップグレードというわけではないですが、これでとりあえず今まで通りです。

レギュレーター

まだ、夜の高速走行はしていませんが恐らく大丈夫でしょう。
年が明けたら、あっちも新人を見つけたいですな。

ホイールをリメイク

日曜日, 3月 28th, 2010

冬の間はベル様を動かす機会が少ないということで、前回ドラスリ用のホイールをポリッシュしていただいた業者様に普段履きのホイールもリメイクしていただきました。

belvedere

以前はホイールを注文するときにオプションでお願いしたコーティングがこんな感じでした。
そして、今回はサンドブラストでアルミ地にしてもらい、リップのみバレル研磨というやつでポリッシュしてもらいました。

ホイールリメイク

また、雰囲気が変わりました。

課題2

金曜日, 3月 12th, 2010

昨年の12月6日の『もてぎストリートシュートアウト第3戦』の時のこと、4,000回転以上で吹けてくれず、タイムアップはしたものの、エンジンもドライバーも不完全燃焼。
原因は燃料ポンプの不調。
現場でケニーズのチーフメカニックの“サトーマン”懸命の処置の元、何とか出走は出来たのですが・・・
そして、主治医“サトーマン”がシーズン前に課題2をクリアーしてくれました。
エンジンルームにあった Holly 97 GPH “RED”から

FUEL PUMP

リアのタンク下に Holly 125 GPH Billet Base HP をセット。

FUEL PUMP

キャブ周りのとりまわりも前から入っていたのを

FUEL PUMP

ヘダースの熱を避けるように後ろから

FUEL PUMP

これで夏場も少しは良いかもしれません。
調子はというとまだ乗っていないので・・・

不要なもの?

水曜日, 2月 10th, 2010

ベル様の車内はいたってシンプル。余計なものは殆どありません。
がしかし、ダッシュのど真ん中に有りながら、機能していないものが前から気になっておりました。
純正のラヂオです。
だからといって、外して今時のもの見えるように取付けるのは柄ではないし・・・
何とか役に立って欲しいなと考えました。
「そうだアレに使おう!」
早速、外して改造です。

ラヂオ

おおー。こんなところにも“MOPAR”って書いてありました。

ラヂオ

また、復活できるように、いらない部品も中にしまっておきましょう。

ラヂオ

電球部分もちょっとアップグレード。

ラヂオ

作動をチェック。
をおー、上手くいきました。
さあ、何になったでしょうか?

試着。

火曜日, 2月 2nd, 2010

またまた、ホイールネタです。
店Blogで書いたとおり、ドラスリが組みあがって来たので昨日の定休日を利用して試着してみました。
今、履いているストリート用とタイヤサイズは一緒ですがやっぱり一回り大きい気がして、履けるか心配でした。
フロントランナーは問題なく装着。めちゃくちゃ軽いです。
続いてリア。

ドラスリ

昨年、アクスルシャフトを交換した際、ハブボルトを3インチにして貰ったんですがこれがあだとなりました。知恵の輪のようにどうにか滑り込むかと約5分戦いましたがNG。

ドラスリ

1/2in.サンダーでカットしました。
そして、無事、装着。

ドラスリ

どうですか?当時もののホイールな為、ちょっと重たいですけど格好よくないですか?
ホイールリペア屋さんに研磨してもらったんで写真では新品みたいです。

ドラスリ

男らしく成りました。

ドラスリ

あとは、上手くバーンアウトできるようにコソ練でもしておきますか・・・