趣味の総合サイト ホビダス
 

ライジングの放課後

|

ライジングスタッフの私生活、趣味などカーライフを中心にを赤裸々に紹介します。

Archive for the ‘VW VANAGON’ Category

知能=車高? 続き・・・

水曜日, 3月 28th, 2012

あの、笑っちゃう出来事から2ヶ月少々・・・

一度もVANAGONには乗ることもなく、月日は経ちました。

 

あの後、もう一度スプリングのデーターを確認すべく、

カタログを見ていたところ、なんと、

『ダウン量保証』

の文字があるではないでしょうか。

 

その文字(保証)のことを確認すべく、

早速メーカーさんに電話をしてみました。

 

「そうですか。下がりませんでしたか。すぐ、下がる商品と交換いたします。」

 

と、言うわけには当然のごとく行きませんでした。

「おたくのヴァナゴンは既にローダウンされている。」とか

「そんなに下げたら、走れるわけない。」とか

言われながら、意見交換をすること1時間。

 

そのメーカーさんのローダウン?スプリングから、

バネレートは同じまま、フロント30mm、リア35mm

短い物を造ってくれるということで、

快諾?して戴きました。

最後に

「その代り、1ヶ月ほど下さい。あなたのクレー・・・あっ・・・保証ナンバーは〇〇〇です。」

とクレーマーあつかいをされ、

1ヶ月+1ヶ月待ち、やっと送ってきてくれました。

代引きで・・・

 

さあ、気を取り直して、早速交換してみましょう。

 

交換前の純正+25mmのリフトアップ状態。

どうなることでしょうか?

 

箱を開けると、フロントサスは約30mm短くなっていました。

今度は期待できそうです。

そしてリアスプリングは

あれ、殆んど同じ、盛って5mm短いかも。

不安で一杯です。

 

リフトアップ後のフロント側の車高、地面からフェンダーアーチまで715mm。

 

 

リフトアップ後のリアの車高。地面からアーチまで700mm。

 

そして、今回交換後。まずはフロント側。

地面からアーチまで678mm。

見事、37mmダウン。合格。

 

 

そして、不安な交換後、リア。

地面からアーチまで700mm。

見事、同じ、変化無し、リフトアップのまんま。不合格。

 

こうして、やや前下がりのやる気あるスタイルが出来上がりました。

続きはあるのか?無いのか?

いい加減、落ち着きたい。

と言うか、落としたい。

 

とほほ・・・

知能=車高?

日曜日, 1月 15th, 2012

かれこれ1ヶ月以上放置状態。

遅ればせながら「あけましておめでとうございます。」

Blogのアップも生活の一部に上手く組み入れることが出来れば良いのですが・・・

暇だとネタなし、忙しいと時間なし、上手くいきません。

ようやく、年末年始のIrregularの状態から、

Regularな日々が戻ってまいりました。

 

 

そして、久々にVANAGONネタを・・・

10年以上所有していると、いじったり、もどしたりの繰り返し、

特に足フェチの私としては、

ホイールは6セット目、

ショックは3セット目、

スプリングはストック→H&R→ストック

と頭の悪いこと悪いこと。

そしてまた、

 

偶然、ネットで見つけ衝動買い。

カタログデーター 30mm downとチョイ下げなので、

「乗り心地とスタイルの両立」と勝手に解釈?言い訳?しました。

ほんと自分でも頭が悪いな~と。

そして、前回の休みに早速交換。

 

交換前。フェンダーとのクリアランス、気になります。

30mm下がると、良いんじゃないの~。

もう、なれた作業なので、ちゃっちゃと進みますよ。

 

あれ、ストックのスプリングより長いんですね。

+15mm。

バネレートが低めの設定なのでしょうか?

 

前回、H&R製のスプリングは底着き感が嫌だったので、

バンプラバーを予めカットしておきました。

 

BILSTEIN+黄色のスプリング。

乗り心地が良さそうと、妄想。

 

リアもかなり長いです。

約+25mm。

 

前後とも、交換し下してみましたが、

「あれ、下がらない。」

「30mm downじゃ動かさないと変わらないか」と思い、

工場を閉めて、試乗へと向かいました。

乗り込んだ時、微妙に高くなった感じがしましたが、

乗り心地は街乗り、高速ともノーマルと殆んど一緒で悪くないです。

30分ほど走り、自宅へ到着し、車高チェック。

 

 

 

 

 

『25mm車高up成功』

そんなバカな・・・

つづく・・・

 

 

フル回転。

火曜日, 8月 16th, 2011

毎日、毎日、暑い日が続いております。

「車の中は涼しくていいやー。」と言えるクルマを持っていない者からすると、

真夏の運転は辛いです。特に昼間は・・・

と言っても、うちのVANAGONちゃんはちゃんとエアコンは付いていますよ。

まあ、真昼間はあまり冷えませんがね~。

その、あまり冷えないエアコンなモノですから、

コンプレッサーは昼間はフル回転です。

よって、ここ2週間ほどはエアコンONでエンジンを始動すると、

「キーーーーーーーー」とベルトが鳴いてしまいます。

ただ張り直すだけでは、可哀想なので、ベルト交換です。

 

 

こんなことで、主治医の手を煩わしては怒られますので、

勿論、自分でやりましたよ。

どうせ交換するなら、ダイナモベルトもパワステベルトも換えちゃいます。

 

 

ベルトはこれで完璧。

しかし、エンジンルームを眺めていると、心配事はつきません。

 

再出発

日曜日, 7月 17th, 2011

今年は毎週、毎週がんばってTE2”とともに泳ぎに行っております。

被災された地域にもお邪魔して色々話を聞くと、地元の方はなんて前向きな・・・

 

 

こちらも写真右手の方は結構な被害です。

そして、6月後半からは毎年の様に茨城県の方に行っております。

駐車場のオヤジさんもやっと人が増えてきたと、

喜んでおり、我々ビジターも気が楽に成ります。

 

そして、先週の休みも3時集合でインターチェンジに向けて、

VANAGONを走らせていると、早朝(真夜中)の

静まり返っている田舎道に聞きなれない音が・・・

スピードが増すにつれて早くなる『パッキッツ』という音。

『パッキッ、パッキッ、パッキッ、パッキッ、パッキッ』

エンジンを空ぶかししても鳴らない。

加速、減速時に酷い。

ミッション?デフ?ドライブシャフト?

いずれにせよ、このまま高速はねー。

でも、折角早起きしたしねー。

っということで急遽、車を乗り換えに戻り、再出発。

その日は小波でそこそこ遊んで帰りました。

 

 

次の日、VANAGONの主治医のところへ、

「CVジョイントでしょ!」と即答。

交換して戴きました。

 

 

左手に持っている方のグリスがカッピカピでした。

ミッション側ですね。

見た目では、ブーツも破れていないし、グリス漏れも無し。

丈夫なブーツも考え物です。

行き先決定!

月曜日, 1月 17th, 2011

お正月休みも乗ってもらえず、2ヶ月近く置き去りのVanaちゃん。
あまりも可哀想なので行くところがあるわけでもありませんが久々に動かすかと・・・
ドアを開けると・・・
ん?・・・
フロアマットがビッショリ濡れている。

ブレーキオイル

「また、雨漏り?」
違う。ずっと屋根の下にあったし・・・
触ってみると透明・無臭。
まあ、いいや。と思い暖気後スタート。
当然、色々考えます。
あっ、ブレーキオイル!
早速、戻り、メーターを外し見てみると・・・

ブレーキオイル

マスターシリンダーが艶々と光ってました。
タンクの付けあたりから漏れています。

ブレーキオイル

今日の行き先が決定しました。
東松山のH&S Racingサン。
そうです。VANAGON様の主治医さんのところです。
とほほ・・・。

理由がわからん!

土曜日, 7月 24th, 2010

筆不精がレンチャンUPです。
mixiではつぶやきましたが、
毎日、タダでさえ暑いのに暑くなる出来事が起きています。
ここ一ヶ月の間に2回も・・・

傷

悪戯さてて居ます。
カーセキュリティーを扱っている者としては恥ずかしい限りですが、外装の悪戯は防ぎようにありません。
警報が鳴ろうが出来ちゃいますからね。

傷

この深さは、かなり悪意があります。
仕事柄、こういう事が起きて「困っている」と言う相談をたまに受けます。
当然、悪戯するほうが悪いに決まってますが、いつも言うのが「悪戯されないような、地域でのコミュニケーションが必要ですよね。」とお話していました。
しかし、実際被害に遭うと、訳がわかりませんね。
自宅の庭に駐車してあって、他の車は異常なし。
運がいいのか、加害者が優しいのか、リアゲートのみの被害。
傷はともかく、“やられた”のが気持ち悪いですよね。

傷

わざわざ、ワイパーを上げて、こんなに塗装の破片が落ちるほど力をいれなくてもねえ。
僕を恨むとすれば、ライジングのスタッフと家族ぐらいなんだけどな~・・・

964 ALLOY WHEEL

木曜日, 7月 22nd, 2010

過去最長のご無沙汰です。
最近、遅ればせながら筆不精の癖に“mixi”デビューをし、そちらが中心となりそうな予感・・・
そちらも放置な予感・・・
んでもって、Vanaサンはところどころ壊れ、直し、車検などで出たり入ったりな感じです。
スターターはヴァナゴン用ではなく、同じ形の要領の大きい物を付けてもらいました。
セルの音はもうヴァナゴンのものではない感じです。
そして、だいぶ前ですがホイールを換えました。

964WHEEL

PORSCHE 911 (964ボディー)用のアロイホイールです。
派手さはありませんが、フロント6J リア8J、ジャストサイズです。

964WHEEL

勿論、P.C.D.チェンジャーの厚さも計算どおり、ドンピシャリ。
もう、この辺でホイールも落ち着きましょう。

964WHEEL

最近、VANAGON様が格好良くなったからなのか、どうしてなのか、嫌なことが続いています。
それは、次回で・・・

スタート出来ない!

日曜日, 4月 18th, 2010

早いもので、4月ももう半ばですが、半月ほど前の出来事。
“April Fool’s Day”の4月1日。
下のボウズの見張り役のため仕事を休み、朝、VANAGONで出動しようと・・・
「クーーーウ クーーーウ クーーーウ ブロロロロロ」と頼りないスターターの音。
今のバッテリーに交換してから、5年越。「いよいよ危ないな」と思い、バッテリーを買いに・・・
NEWのバッテリーを入手し、早速会社に行って、交換。
そして、スターターを回すと
「クーーウ クーーウ ブロロロロ」
あまり変わってないような気がする。不安が残る。
そして、特にどこ行く予定も無かったので、ボウズと工場のストーブ用の灯油を買いにガソリンスタンドへ。
まず、VANAGONにガソリンを入れ、移動して灯油のポンプのところに停車し、アイドリングストップ。
ポリタンク3本分給油し、ボウズに倒れないように言いながらエンジンスタート。
「・・・・ん」
もう一度。
「・・・・・・ん」
スタート出来ない。
早速、スターターリレーをチェック。
「カチッ」
動いています。
そうです。
「クーーーウ クーーーウ クーーーウ ブロロロロロ」の原因はスターターモーターだったのです。
会社にレスキューを呼び、ドライバーの柄でスターターモーターを叩いていると、TE2″クン登場。
「もう一回だけ挑戦させて」と言いながらキーをひねると
「クーーーウ クーーーウ クーーーウ ブロロロロロ」
掛かりました。
最後の1回かもしれないので、すぐに主治医の“H&S Racing”サンにTEL。
エンジンを止めずにそのまま、入院と相成りました・・・
(突然のトラブルのため写真を撮る余裕なんぞ、到底ありません)

タイヤはおあずけ。

火曜日, 3月 9th, 2010

当店のお得意様にお願いしていたものが納品されました。
こちらのお得意様は大手メーカーの生産ラインの特殊な機械の部品や普通の機械加工屋さんがやらない様な事を、軽く引き受けてくれる会社の社長さんです。
クルマやバイクは勿論、重機や生産ロボットなど機械が大好きな匠です。
そして、今回お願いしたのは、加工屋さんではそれ程難しくはないかもしれない“PCDチェンジャー”です。
VANAちゃんにポルシェカレラ(964)のホイールを履かす為のものです。

PCD

通販などの市販のものでも良かったのですが、ハブ側、ホイール側のセンターが取れる様に、前後で理想なオフセットで取り付けられるように、私が時間を掛けて図面化しました。
勿論、匠に何箇所か修正されましたが・・・
今回はナットもアルミ製のものをおごってやろうと思います。

PCD

殆んど、部品は揃ったんですけど・・・
 
ベルベディア様も今、入院中だし出費がかさみタイヤがしばらく買えません。

また病気が・・・

火曜日, 1月 26th, 2010

冬は暇で困ります。
仕事ではなく遊びの方なんですが、海は暖かくなるまでお休み。去年から始めたドラッグレースもオフシーズン。ベルべディア様の方は燃料ポンプを換えなければいけないが、部品待ち。
そんな暇つぶしにぴったりのものが・・・

964ホイール

程度抜群のポルシェ964のホイールが手に入りました。
勿論、履かせるのはVANAGON様。6セット目のホイールになります。
スタッフの面々からは「もはや病気」扱い。
履物好きの私としては、自分の靴とクルマのホイールは色々持っていないと心配なんです。
すぐには履けないのでイメージだけでも作ります。

964ホイール

現在の5スロット。

964ホイール

964のアロイ。

バンパーやサイドスカートがシルバーなんでコッチの方が似合うかな?
このホイールはET52とバックスペースが大きいのでスペーサーで何とでも成ります。各々のホイールのセンターボアと出具合を測定、計算をして図面化して後は機械加工屋さんにお願いです。

964ホイール