趣味の総合サイト ホビダス
 

ライジングの放課後

|

ライジングスタッフの私生活、趣味などカーライフを中心にを赤裸々に紹介します。

久々のアップロード&ドラッグレース

9月 3rd, 2013

約一年振りの更新です。

しばらくライジングを離れていた広報担当JP氏が復職し、

「BLOGを長い間、更新していないのは、ダラシナイから更新するか閉鎖するかどちらかにするように!」

と言われ、“閉鎖”を希望しましたが・・・

とりあえず更新したしだいです。

FACEBOOKすら中々投稿出来ないのにね~。

 

おとといの日曜日、今年2回目のドラッグレースに参戦しました。

自分も含め、タイムが伸び悩んでいる我がチームの面々。

なんとなく今年はモチベーションが上がりません。

そして、なんだかんだで今回の出走は自分一人。

でもクルーはいつも通りたくさんの9名体制でした。心強い。

今回はツインリンクもてぎの『MOTEGI STREET SHOOT OUT』ですので、

朝3時に出発し、常磐道を北上。

レース参加のベルヴェディアも久しぶりに自走し、

サポートカーのヴァナゴンとSサンのロードランナーと3台で早朝の涼しい中、のんびりクルーズ。

そして、友部SAでスマートオートの長束ファミリーと合流です。

今回は今年オールペイントをし、車検を取得して復活したN60サーフで登場。

本当は今回このピンク色の『ReBORN MONTE』でエントリーしていたのですが、

前々日の金曜日にオルタネーターが死亡。

頑張れば直ったはずが、やる気なし。

今回はレジャーな感じでのんびり参加ということで。

朝から日差しがギラギラですので、まずは日よけテントを張りピット完成。

さあ今度はクルマの準備。

ラジアルタイヤからドラッグスリックに交換。

クルー達も手際よく、手伝ってくれます。

その後、キャブレターと点火タイミングなど

街乗りセッティングからレース用セッティングに変更し車検へ。

検査員に絡まれながら、合格していよいよ出走です。

バーンアウトが下手な自分のために、しっかり水をかけてくれてるチーフクルーのテツ。

以前テツ自身もドライバーとして走っているので、色々と気が効きます。

そして、『BURN OUT』。

やはり、下手くそ!

こんな感じで2本×2回、計4本走って、またまた9位。

決勝レースには進めませんでした。まあ、いつも通りです。

今回はいつもにも増して、同クラスには速い車が盛り沢山。

522ci、ジャイアンパワーのロードランナー

これまた、522ciカーポートモータースのベルヴェディア

こちらはHEMI BELVEDERE。第1戦のチャンピオン。

MOPARばかりだと感じ悪いので、

ドラッグレースの常連さん。HI-COMPS RACINGのインパラ。

今年から目にする、Full Throttleの綺麗な’67ノバ。女性ドライバーです。

自分のバーンアウトの先生。

残念ながら今回はマシントラブルに遭ったダッジ チャージャー。

数年振りの参戦と言いながら、決勝レースに進んだダッジ ダート。

1日、目一杯楽しんでおりました。

今回のもてぎは『スーパーアメリカンサンデー』『インターショー』と

カーショーも同時開催でしたので、来場者も非常に多く盛り上がってましたね。

帰りもロードランナーと『楽しくクルーズ』と行きたかったのですが、

早朝と違い、高速道路で水温220°Fまで上昇。

「いよいよヤバイか?」というところで、ゲリラ豪雨。

普段はエアスクープから水が入らないようにするのですが、今回は冷却優先。

水温200°Fまで下がり、無事帰宅。

ハラハラ、ドキドキ充実した楽しい1日でした。

クルーのみんな、スタッフ、エントラントの皆様ありがとうございました。

 

また、近々投稿する

よてい?

です。

 

 

 

 

 

竹ちゃん歩。

10月 16th, 2012

この日曜日、ライジングは臨時休業させていただき

第3回、通称『竹ちゃん歩。』たるツーリングに行ってきました。

1回目は竹ちゃんのバイクが納車になったということで、

私と2人で秩父までショートツーリング。

2回目はツインリンクもてぎで行われた、

『アメリカンサンデー&Street shoot out』の時に

竹ちゃん&たじけんがバイクで参加。

そして今回、またまた竹ちゃんの企画(半ば強制的?)で開催となりました。

今回の参加メンバー。

リーダー『竹ちゃん』 ホンダ CB1100

30歳を過ぎて二輪デビュー。

真面目が取り柄でもあり、真面目過ぎるのが欠点の独身。

花嫁募集中。

『たじけん&かお夫妻』 ’12モデルのFXDB。

いつも一緒の仲良し夫婦。

ライジングの応援団長的存在。

『カズマ&マーちゃん』 ホンダ FORZA

今年からお付き合いを始めた、仲良しカップルで

カズマは周りへの気配りが出来るナイスガイ。

彼女と付き合いだしてから男らしくなった感じ。

特攻隊長『テツ』 カワサキのなんか、ボロいやつ。

只今、旧車會に憧れてる模様。

そして、私のFXRと5台、7人で軽井沢に向けて出発。

 

この時期には大袈裟かなと思うくらい

着込んできたはずが、

知らないあいだに秋になっていたようで、

寒いこと寒いこと。

走り出して、1時間。

耐え切れず、McDonald’sへPit in。

暖かい飲み物と朝飯でみんなに笑顔が戻りました。

その後もやはり寒さと戦いながら、

R254を下仁田へ向けて走ります。

途中から峠道。もみじライン、和美峠と

久々のWinding roadをビビリながらも楽しみ、軽井沢へ到着。

 

しかし残念ながら、トラブル発生。

休憩のため、みんなでコンビニに入ったとき

車高の低いたじけんのダイナが下回りをヒットし、

スタンドのバネが外れてしまい、ブーラブラ。

このままでは止めておけても走れないので・・・

やっぱり今日も寝転んでます。

手持ちの工具でなんとか付けたが、

スタンドを出し入れするとすぐに外れてしまい、

最終的には結束バンドでスタンドを縛ることにしました。

 

みんなで行くとトラブルも楽しめますね。

目指すは駅向こうでしたが、渋滞のため断念。

(しかし、休日の観光地って思いっきり混んでるんですね~。)

歩道にバイクを止めて、歩きました。

そして、ようやくランチタイム。

竹ちゃんご希望の信州そば。

天ざる¥1,500、いいお値段です。

美味しくいただきました。

 

お腹もいっぱいになり、2時も過ぎたということでとりあえず帰路へ。

しかし、王道R18は大渋滞。

(2回目ですけど、休日の観光地って思いっきり混んでるんですね~。)

安全第一の『竹ちゃん歩。』的ルールで『すり抜け』禁止のため、

気を失いそうになりながら、ひたすら並びました。

戻ってきたときは既に真っ暗。

みんな、お疲れ様でした。

そして、楽しい1日ありがとう。

でも、今度はちょっとだけルール改定して欲しいな~。

竹ちゃんまたよろしくね。

Young Rodder

9月 23rd, 2012

当店、屈指のYoung Rodderの“ユージ”

常に愛車“Dodge Dart”のアップグレードを考えています。

しかし、お金が付いていかないのは当たり前。

それでも何かしたく、セカンドカーの

“ろーどらんな~ぴっくあっぷ”

をアップグレード。

うちの場合、常連様になると、

殆んど作業は自分でやらされるのです。

(若い人だけ・・・)

今回はタコメーターを追加するそうです。

ユージの場合、不器用で見てられないので、

少々?大分手伝って、完成。

きっと、ぶん回したくなったでしょう。

MOTEGI STREET SHOOTOUT Round1

7月 13th, 2012

平凡な日々だった為、BLOGネタも無く、久々の投稿です。

もてぎの初戦、ストリートシュートアウト第一戦に行って来ました。

梅雨時期のレースですから雨が心配で1週間前から天気予報をチェック。

当初晴れ予報が、日に日に下り坂。しかも、前日は雨。

ツインリンクもてぎに確認したところ、

「現段階では夜中に止む予報の為、中止の判断はしません。」

ということで、準備をし、3時出発。

川越は土砂降り。

常磐道も止む気配なし。

6時、雨の中、到着。一同途方に暮れるの図。

でも、’64 MAX WEDGEのりのタナハシさんが、PITを確保

してくださったので助かりました。

雨の降り続けるPIT内では、準備するわけでもなく、

寝る者、食べる者、トランプする者。

タナハシさん、待ちきれずスリックタイヤに交換し始めました。

その行動を見てか知ってか、

晴れて来ました。

さあ、慌ただしく準備です。

ツインリンクもてぎに到着から6時間半。いよいよレーススタート。

今回は時間が短縮となった為、決勝のQUICK8は中止。

TIME TRIAL形式ではじまりました。

今回我々『RAIJIN RACING』からエントリーしたのは3台。

’68 Dodge Dart GTS

このオフにファイナルを換え、LSDを新調して

憧れのQuick Open Headerを装備してきた『ゆーじ』。

格好つけのゆーじは更にヘルメットを新調しての参戦。

’67 Plymouh Valiant

6月のアメフェスであまりにも遅い自分のクルマにブチキレ、

この一ヶ月で、エンジンをアップグレード。

今回、一番気合の入っている『テツ』。

そして、私。’66 Plymouth BelvedereⅠ。

モテギのユル~い感じが大好き。

でも、スタートは真剣ですよ。

’64 Dodge 330 Max Wedgeのタナハシさん。

今回、残念ながらキャブレター不調で1回しか走れませんでした。

やはり、チューンドカーは難しそうです。

 

 

最後にテツと「R/T勝負をしようぜ」と言うことで・・・

テツ 0.053 私 0.292 見事、大敗。

スタートした瞬間、テツはファウルだと思いましたが、

赤信号が点いていなかったので、

負けたと思いっきりガスペダル踏んでやりました。

くそ~、くやし~。

 

総括としてはみんな少しづつETも縮めることが出来たし、

私もベストETを更新することが出来、充実した1日でした。

ただ、残念だったのはタナハシさん。

調子が戻らず、不安な為、ベルヴェディアと交代して、

おんぶされる事に・・・

少しはお役に立てて良かったです。

帰りは天気の良い中、3台プラス1台でクルージング。

気持ちよかったな~。

今度は4台で走りましょうね。

無事、’64 Dodgeを送り届け、お別れしようとした時・・・

トラブル発生。

内容は ひ・み・つ。

 

5馬力UP

4月 11th, 2012

VANAGONのことはもう忘れることとして、

RACEシーズンに入る前に

BELVEDEREもそろそろ準備をしなければ・・・

ストローカーを組もうか?

アルミヘッドにするか?

しかし、2台の車検も迫っているし、

そんな予算があるわけもなく、

今年は諸先輩方のアドバイスに基づき、

カップリングファンを外すことにします。

約5馬力はアップするようです。

「外して終了」では良いわけもなく、

『電動ファン』化します。

しかし、電動ファンにすると、

「ただでさえオーバーヒート気味なのに大丈夫なのか?」と

主治医に質問も・・・

「たぶん厳しい」

とのコメント。

そこで噂に聞いていた、『放熱塗装』を今のラジエターに

施すことにしました。

同時に、内部洗浄とフィンの修理もして戴きました。

効果を期待しつつ、

取り付けてみました。

まづはエンジン側も内部洗浄。

「川の底か」

というほどの砂利のような錆が出てきました。

キライな配線作業もし、完成。

そして早速、試乗へ。

始めは市街地で180℉になったとき、

手動でスイッチON。

160℉でOFF。

渋滞中でもコントロール出来てます。

その後、高速道路を2区間やや速めに走り、

降りて最初の信号で200℉。

そこで、自動でON。

見る見る温度が下がります。

放熱塗装の効果か、

電動ファンの効果か、

判りませんが、問題なし。

後の問題はStripでのE.T.のみです。

5馬力UPでどの位短縮できるのでしょうか?

 

 

知能=車高? 続き・・・

3月 28th, 2012

あの、笑っちゃう出来事から2ヶ月少々・・・

一度もVANAGONには乗ることもなく、月日は経ちました。

 

あの後、もう一度スプリングのデーターを確認すべく、

カタログを見ていたところ、なんと、

『ダウン量保証』

の文字があるではないでしょうか。

 

その文字(保証)のことを確認すべく、

早速メーカーさんに電話をしてみました。

 

「そうですか。下がりませんでしたか。すぐ、下がる商品と交換いたします。」

 

と、言うわけには当然のごとく行きませんでした。

「おたくのヴァナゴンは既にローダウンされている。」とか

「そんなに下げたら、走れるわけない。」とか

言われながら、意見交換をすること1時間。

 

そのメーカーさんのローダウン?スプリングから、

バネレートは同じまま、フロント30mm、リア35mm

短い物を造ってくれるということで、

快諾?して戴きました。

最後に

「その代り、1ヶ月ほど下さい。あなたのクレー・・・あっ・・・保証ナンバーは〇〇〇です。」

とクレーマーあつかいをされ、

1ヶ月+1ヶ月待ち、やっと送ってきてくれました。

代引きで・・・

 

さあ、気を取り直して、早速交換してみましょう。

 

交換前の純正+25mmのリフトアップ状態。

どうなることでしょうか?

 

箱を開けると、フロントサスは約30mm短くなっていました。

今度は期待できそうです。

そしてリアスプリングは

あれ、殆んど同じ、盛って5mm短いかも。

不安で一杯です。

 

リフトアップ後のフロント側の車高、地面からフェンダーアーチまで715mm。

 

 

リフトアップ後のリアの車高。地面からアーチまで700mm。

 

そして、今回交換後。まずはフロント側。

地面からアーチまで678mm。

見事、37mmダウン。合格。

 

 

そして、不安な交換後、リア。

地面からアーチまで700mm。

見事、同じ、変化無し、リフトアップのまんま。不合格。

 

こうして、やや前下がりのやる気あるスタイルが出来上がりました。

続きはあるのか?無いのか?

いい加減、落ち着きたい。

と言うか、落としたい。

 

とほほ・・・

知能=車高?

1月 15th, 2012

かれこれ1ヶ月以上放置状態。

遅ればせながら「あけましておめでとうございます。」

Blogのアップも生活の一部に上手く組み入れることが出来れば良いのですが・・・

暇だとネタなし、忙しいと時間なし、上手くいきません。

ようやく、年末年始のIrregularの状態から、

Regularな日々が戻ってまいりました。

 

 

そして、久々にVANAGONネタを・・・

10年以上所有していると、いじったり、もどしたりの繰り返し、

特に足フェチの私としては、

ホイールは6セット目、

ショックは3セット目、

スプリングはストック→H&R→ストック

と頭の悪いこと悪いこと。

そしてまた、

 

偶然、ネットで見つけ衝動買い。

カタログデーター 30mm downとチョイ下げなので、

「乗り心地とスタイルの両立」と勝手に解釈?言い訳?しました。

ほんと自分でも頭が悪いな~と。

そして、前回の休みに早速交換。

 

交換前。フェンダーとのクリアランス、気になります。

30mm下がると、良いんじゃないの~。

もう、なれた作業なので、ちゃっちゃと進みますよ。

 

あれ、ストックのスプリングより長いんですね。

+15mm。

バネレートが低めの設定なのでしょうか?

 

前回、H&R製のスプリングは底着き感が嫌だったので、

バンプラバーを予めカットしておきました。

 

BILSTEIN+黄色のスプリング。

乗り心地が良さそうと、妄想。

 

リアもかなり長いです。

約+25mm。

 

前後とも、交換し下してみましたが、

「あれ、下がらない。」

「30mm downじゃ動かさないと変わらないか」と思い、

工場を閉めて、試乗へと向かいました。

乗り込んだ時、微妙に高くなった感じがしましたが、

乗り心地は街乗り、高速ともノーマルと殆んど一緒で悪くないです。

30分ほど走り、自宅へ到着し、車高チェック。

 

 

 

 

 

『25mm車高up成功』

そんなバカな・・・

つづく・・・

 

 

おやつ。

12月 7th, 2011

前にも書いたかも知れませんが、

僕らの仕事は、お客様からお金をいただいた上に、

「ありがとう。」と言われ、

その上、時にはお土産や差し入れなどもいただけ、

「いい仕事だな~。」と思う時がしばしば。

今日も先週、カーセキュリティーをインストールさせていただいた、

お客様が「通りかかったから。」と差し入れを・・・

巨大なシュークリームをいただきました。

男の職場なもので、普段は中々口に出来ないスイ~ツ。

むさくるしい男3人で

口の周りと手をベタベタにしながら、おいしくいただきました。

ホシノさん、ご馳走様でした。

 

AMERICAN HISTORIC CAR SHOW & CHARITY AUCTION

11月 15th, 2011

今年参加できる最後のイベントに行って来ました。

DRAG RACE以外のイベントは久ぶりです。

富士山の良く見える、河口湖のそばで行われました。

あさ、5時半。圏央道、狭山Pにユージ、TE2″と待ち合わせでしたが

Dodge DARTのユージがやや遅刻。

そして、スキール音と共に、登場。

朝からやってくれます。カットンで来たのか、エンジン停止後クーラントをお漏らし。

大事には至らなかったので、出発。

今まで、TE2”のVALIANTもユージのDARTもドライブしたことが無かったので、

試乗会をしながら、河口湖ICを目差します。

今回のイベント会場は富士Calmという施設で行われ、

一面芝生の庭にAMERICAN CARがずらりと並ぶ景色は圧巻でした。

我々も3台MOPARを並べました。

イベント参加者はみんな1点づつ、ガレージに眠っているもパーツやアンティークグッツなどの

出品物を持ち寄り、それをオークションで落札し、そのお金を寄付すると言う

チャリティーオークションがメインイベントです。

高価なパーツや希少なものなどが格安で手に入った参加者の方もたくさん居たようです。

展示車両もあらゆるジャンルのクルマ達が

MOPARや

Hurst OLDSや

COBRAやビンテージRACERや

TRADITIONALなクルマや

あんなクルマや

その他たくさんのすばらしい車達でいっぱいでした。

いつもどおり、写真は少なめですが、思い出には・・・

帰りは渋滞で大変な方もたくさん居たようですが、

すばらしい天気の中のんびりと楽しいひと時を過ごせました。

主催者の方やスタッフの方お疲れ様でした。

是非、来年も期待しております。

 

 

 

 

 

もてぎストリートシュートアウト 第2戦

11月 4th, 2011

お客様にお休みをいただき、またまた行ってまいりました。

もてぎストリートシュートアウト

いつものデコボコCREW達とAM3:30に待ち合わせ、出発。

もう、通いなれた道をひた走り、AM6:30到着。

到着すると、猛者たちが既に準備中。

ピットを譲っていただき、準備開始。

ツインリンクもてぎのピットは居心地がよく、何となくほっとします。

デコボコCREWももう慣れたもので、テキパキと準備が進みます。

DRAG RACE2回目のユージもシッカリ自分で動いてます。

そして、車検。安全面を重視でチェックします。

コース上で水や油を撒いたら大変ですからね。

当然、大宮陸自より時間が掛かります。

今回もエントリーが少々少ないようで、寂しい感じがします。

この『もてぎストリートシュートアウト』も昨年の年4戦から、今年は2戦。

このままでは無くなってしまいそうな、嫌な予感がします。

このレースの良いところは色々な車両がエントリーでき、

おのおのが勝ち負けだけでなく楽しめるところ。

街中ではめったに勝負出来ない、こんなスーパーカーと

こんなコンパクトカーがガチで対決できます。

もっともっとみんな参加してくれないかな~なんて思ったりして。

レースの方はユージもタイムは別にして、楽しんでいたようですし、

私の方もTE2″からクルマを取り戻し、一年ぶりに乗車して、

いつも、ここもてぎでお会いする、Dodge330のオーナーと一緒に走れたし、

BEST E/T (タイム)も更新できたし、楽しめました~。

QUICK8(決勝ラダー)にも進めたし、大変良い締めくくりではなかったでしょうか?

まあ、当然決勝ラダーは第1戦優勝の『Hi-Comps Racing』の’67シェベルでしたので、

1コケですけど・・・

コンペクラスも波乱が起き、ビックリ楽しい1日でした。

急いで帰って打ち上げと思い飛ばしてましたが、

帰りもやっぱり負けました~。

今回はChiefのR.YOSHIDAがお休みでしたが、

その穴埋めは十分このデコボコCREWで出来ました。

みんなお疲れ~。またよろしくね。

〆は庶民の味方。

 

 

今回の写真はタックンでした。